NPO法人発達障がい者就労支援ゆあしっぷ

発達障がい者の就労や自立を支援するサイトです。

超短時間雇用という新しい働き方セミナー

| 0件のコメント

9月のセミナーは、通常の発達障がい者自立支援セミナーではなく、超短時間雇用という新しい働き方を考え推進していくためのセミナーです。
内容
川崎市や神戸市では、「超短時間雇用(週20時間未満の雇用)創出プロジェクト(東京大学との共同事業)」や「ICTを活用した在宅就労支援」等障がいのある方の多様な働き方の創出を目指す新しい取り組みが始まっています
働く力がありながら、個々の障がい特性等から長時間の就労が難しい障害者の雇用が促進されにくいという現状がある中、多様な働き方を創出することで、誰もが「しごと」を確保できる仕組みづくりの実現や、企業にとっては人手不足の解消につながる効果が期待できると考えています
私たちが住む福岡でも同様の理由で週20時間以上は働くことは難しいけど、働きたいと願う方たちが多くいます。また、障がいに関わらず色々な理由で働く時間に制限のある方もいます。

そこで、実際に川崎市、神戸市でプロジェクトを牽引されている
東京大学先端科学技術研究センター 准教授 近藤武夫氏をお招きし、事例等を含めた「超短時間雇用創出プロジェクト」の概要をお話しいただきます。
企業や行政や就労を支援する関係者の皆さま等にぜひご参加頂きたく思います。
講師 東京大学先端科学技術研究センター 准教授  近藤武夫氏
日時 平成29年9月12日(火) 15:00~17:30(14:30開場)
会場 福岡県NPOボランティアセンター会議室
(福岡市博多区吉塚本町13番50号 福岡県吉塚合同庁舎 5F)
定員  20名
参加費  無料
対象者 企業、行政、就労支援関係者、その他興味のある
主催 NPO法人発達障がい者就労支援ゆあしっぷ
協力 株式会社 ふくしごと
定員になり次第締め切らせて頂きます。

9月セミナーちらし

コメントを残す

必須欄は * がついています


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください